に投稿

インテル 新 ユニフォーム販売

白基調で蛇柄パターンをボディに備え、襟は青と黒を半々に使用、襟の後ろには1978~88年のクラブエンブレムなどに描かれていた蛇のロゴを配している。白をベースに首回りと袖口に青を配色。同時に、白と赤の十字に変更されていたクラブカラーも青黒に戻りました。十字内部にはドゥオーモ大聖堂を中心とした航空写真をプリントした。 サードはバストグレー基調で、ドゥオーモ大聖堂の大理石の床をイメージグラフィックと聖ゲオルギウス十字を備えたデザイン。赤はミラノの紋章にある「赤い十字架」から採用。赤といえばACミランを想像してしまいますが…袖口には伝統の「青/黒」が取り入れられています。 インテル09/10優勝記念ユニフォーム『CHAMPION18』画像公開! インテル10/11新ユニフォーム【ホーム半袖】画像公開! インテル10/11新ユニフォーム(アウェイ半袖)画像公開! クルーネックに太い黒縦ストライプの2000-2001年モデルから、袖を黒一色にしたデザイン。両サイドには黒のラインが配色されています。水色に近い明るい青を使った爽やかなデザイン。従来より暗めの青を使用し、ダークな色合いでシャープさとエレガンスを強調。愛称はクラブカラーに由来するネッラズーロ(黒と青)。

イタリアを獲得し、黄金時代の再来を期待させましたが、長くは続きませんでした。 モラッティ」が会長に就任することになります。最初はスペイン風の攻撃的なサッカーで臨んだエレーラでしたが、結果が出ず一度解任されています。 1962-1963年に8回目のスクデット、1963-1964年はチャンピオンズカップ、インターコンチネンタルカップ、1964-1965年にはスクデット、チャンピオンズカップ、インターコンチネンタルカップの3冠を獲得し、世界最強クラブとなりました。 「国籍を問わず世界中の選手に門戸を開く」という意味を込め、「FCインテルナツィオナーレ」と命名されました。 これをきっかけに毎年多額の移籍金でスター選手を買い取り、チームを強化しはじめました。 2月下旬、インテルとナイキはサプライヤー契約20周年を祝うマッシュアップユニフォームを発表した。 6月27日、クラブは新アウェイユニフォームを発表。 9月7日、クラブは新サードユニフォームを発表した。 アルゼンチン代表としてオリンピック、FIFAワールドカップ、コパ・ セリエAはユベントス、ACミラン、インテルの3チームが覇権を争う時代に突入。

第二次世界大戦後ファシスト政権が倒れ、1945年にチーム名は元の「インテルナツィオナーレ」に戻りました。 ACミランとのミラノダービーは世界的にも有名ですね。伝統的な青黒のユニフォームも印象的ですね。 しかしファシズムの台頭で、外国人選手の多いインテルは弾圧の対象となり、1928年、USミラネーゼとの強制的な合併により、「ASアンブロシアーナ」とチーム名を変更されてしまいます。 イタリアのクラブでプレーするイタリア国外出身選手として、最多857試合の公式戦出場記録を保持しています。 クラブのアイドルとなり、瞬く間にインテルの中心選手となりました。 サイドの選手ですが、クロスを上げるよりも中に切れ込んでいくドリブルが得意。闘志溢れるプレーでファンに愛される選手。 メアッツァは「ベピーノ」という愛称で呼ばれ、デビューシーズン1928-1929年シーズンにいきなり得点王に輝く活躍をしました。 そして1955年、後に伝説となる石油王「アンジェロ・創設から2年後、1909-1910年シーズンには初のスクデットを獲得。 1908年にクラブ創設。

数々の監督を招聘しますが、一時期は13位という史上最低の成績まで落ちてしまいました。 92-93シーズンはセリエAを2位と好成績を収めたユニフォーム。 メアッツァは408試合、287得点という偉大な記録を残し、1941年にクラブを去りました。 セリエA5連覇にキャプテンとして貢献し、「イル・青黒ストライプでサプライヤーとスポンサーロゴにゴールドを使用し、蛇柄パターンを下部など一部に配している。 ポロネックの首回りなど、力強さをに加えシックな雰囲気を備えたデザインとなっています。現在はインテルの副会長を務めています。 1968年、モラッティ会長が辞任。 エレーラ」が監督に就任。 しかし、彼も最初から順風満帆だったわけではありませんでした。胸スポンサー「Fiorucci」はイタリアの食品会社。現代社会ではあらゆる情報の流れが速いが、このリーグ中断を機にゆっくりと過去を振り返ってみるのも悪い話ではない。歴代のユニフォームをマッシュアップしたスペシャルなデザイン。2019/3/17のミラノダービー限定で着用。 インテルのサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説! 1929-1932年シーズンに伝説のストライカー、ジュゼッペ・ ファンの熱意により1932年「アンブロシアーナ・

インテル ユニフォームについての他のすべては、当社のウェブサイト上で見つけることができます。