に投稿

インテル 13 14 ホーム ユニフォーム

クラブ創設初年度よりスポンサーとしてご支援いただいているNEKTON OFUNA様より、追加特典として全ての支援者の方々に「コワーキングスペース ドロップイン・昨年12月から今年2月まで、建設費の一部をまかなうためのクラウドファンディングを実施し、303人、42社から、目標額の3,000万円をはるかに超える総額約3,359万円のご支援をいただきました。鎌倉インテルが地域の生活の一部となるために必要不可欠だった「場所」が生まれる今、足りないのは“お揃いのグッズを持って”スタジアムに訪れる多くの人々の存在です!鎌倉市で初となる誰でも利用できる人工芝のグラウンド「鎌倉みんなのスタジアム」は、サッカーやスポーツを「する」こと、また「観る」ことによって、スポーツを通じた多くの「学び」や「感動」を“一つの場所で“共有することが出来るスタジアムを目指します。鎌倉市深沢地区、湘南モノレール・鎌倉市の「ふるさと納税」返礼品に鎌倉インテルユニフォームが登場!

2018年に設立された新しいサッカークラブ「鎌倉インターナショナルFC(通称 鎌倉インテル)」は、今年から新たに『CLUB WITHOUT BORDERS』をビジョンに掲げ、世界に向けて発信するに相応しい、鎌倉の街に馴染むビジュアルに刷新、そして「鎌倉みんなのスタジアム」のグランドオープンを控えています。 インテル 歴代 ユニフォーム 「赤い悪魔」の愛称で親しまれるマンUの最新ユニフォームは、濃淡が違う2色の赤を使ってデザインされています。伝統と革新が同居した、インパクトある一枚です。 2色のつなぎ目には蜂の巣型のデザインを使うことで、おしゃれさも感じさせるモダンな一枚に仕上がっています。肩部分の大きめの黒ラインはインパクトがあり、見た目にも華やかな一枚し仕上がっています。今季はブルー、ネイビー、ブラックの三色を組み合わせた蛇柄の大胆なデザインが目を引くものとなっている。今回は強豪クラブのユニフォームデザインを、リーグごとに一挙にご紹介します。 インテル ミラノ ユニフォーム まずご紹介する海外サッカーのユニフォームは、スペインのリーガエスパニョーラです。続いてご紹介する海外サッカーのユニフォームは、イングランドプレミアリーグです。 その中には、海外挑戦から帰ってきた選手、Jリーグ通算28得点の実績を持つ選手、これからプロになることを目指す選手、地元鎌倉で生まれ育った選手、クラブのスタッフとして働きながらプレーする選手など、様々なバックグラウンドを持つ選手がいます。海外サッカーのユニフォームデザインは、どのクラブも個性溢れる魅力的なデザインが目立ちます。海外のサッカーチームのユニフォームは、ファンからの注目も高い人気商品です。 ユニフォームブーストでは、海外クラブのレプリカユニフォームの他、オリジナルデザインのサッカーTシャツを作ることができます。

そのほかにも地球、海の波紋、木の年輪という自然豊かな鎌倉ならではのモチーフもとりいれたデザインになっています。 『Bite for Bite〜あなたの一口が世界の誰かの一口に〜』を企業理念に掲げ、食を通じて世界の機会格差是正に取り組むパートナー企業のShonan Soy Studio様、『CLUB WITHOUT BORDERS』をビジョンに掲げ、あらゆる「“BORDER”(境界線)」を超えた世界を目指す鎌倉インテル。赤を基調として、薄めのボーダーを入れただけのユニフォームは、ドイツリーグ4連覇中の王者らしい風格をそなえた一枚です。遊び心も感じさせるおしゃれな一枚です。日本の香川真司がプレーするドルトムントは、黄色と黒のストライプデザインが特徴です。今季、神奈川県社会人サッカーリーグ2部で戦い、力をつけ、近い将来のJリーグ参入を見据えています。皆さんとグラウンドで勝利を分かち合い、みんなで熱くなれる週末があると最高です。 2017年は襟付きのボタンタイプのユニフォームを採用し、オールドモダンなデザインが格式高さを感じさせてくれます。 トップチームの選手が公式戦で着用しているものと全く同じデザインで、機能性の高いボディを使用しています。街とスタジアムを公式グッズで賑わせたい!

今回は、新しいロゴに生まれ変わってから初めてのクラブ公式グッズの制作になります!以下、すべてのリターンに「公式オリジナルステッカー」をお付けします!只今、フットボールライフ・ショップにて、ミランとインテルの貴重な選手支給品ユニフォームの特別販売を実施しております。 メアッツァは408試合、287得点という偉大な記録を残し、1941年にクラブを去りました。私たちは、鎌倉を拠点に活動をするサッカークラブ「鎌倉インターナショナルFC」です。 「EVOLVING MARBLE」は鎌倉時代に鎌倉と外部を結ぶ特に重要な要路として作られた切り通し、鎌倉七口をメインモチーフにしています。 『CLUB WITHOUT BORDERS』をビジョンに掲げ、日本と世界を隔てる国境をはじめ、人種や宗教、性別、年齢、分野、そして限界、あらゆる“BORDER”をもたないサッカークラブを目指し、2018年より活動をしています。 ユニフォームも青黒のデザインとなっており、日本代表の長友佑都がプレーする姿が日本でもお馴染みです。最新ユニフォームの下部分は、赤黒がグラデーションになった斬新なデザイン。伝統の白黒ストライプは今年も健在で、細いラインを加えることで古くさくないモダンなデザインが人気です。

その他の興味深い詳細インテル 新 ユニフォームは、当社のウェブサイト上で見つけることができます。